読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イオの落書き

ひとりごと

大学受験が終わったので私の受験体験をまとめてみる(途中)

 友人(もさこ)が自分自身の受験についてまとめていて,私も自分の気持ちの整理のために書こうかなあ(でも面倒くさいなあ)と思っていた矢先,タイムラインで「もうそろそろ受験勉強しなきゃ…」みたいなツイートが少しずつ見られるようになってきたので書く決心がつきました。

 

 私の受験は結果から言うとセンター大コケにより第一志望には進学することができませんでした。しかも浪人する決意はできず,某私立大学に進学することにしました。もちろん様々な予備校などの成功体験なども参考になると思いますが,失敗からの方が学べることも多いと思うのでよければ参考にしてください。(まあほとんど個人的な話で参考にはならないと思うけど)

 

受験開始~終了までの流れ

3月まで 受験から目を逸らし続けた人生

 学校が特定されるのが嫌なのであまり詳しくは書きませんが,中高一貫の学校に通い,しかも中学受験も特に頑張ったわけでもなかったので,人生において受験というものは大学受験が初めてでした。受験の怖さを知らなかった。だから受験生0学期はまじで遊んで過ごしてた。ちょうど恋人と付き合って5か月ぐらいだったし,恋人と遊びまくってた。(けどこの恋人は4月から東京に引っ越すことが決まっていて,遠距離恋愛で受験生活を過ごすこととなった。)(この恋人は重要な伏線)

 周りの友達で高校受験をした人もいたけど,ほとんどが志望校に行っていたし,なんだかんだ上手くいって,志望校に入れると思い込んでいた私は一か月に1時間勉強したらまだ偉い方でした。

 まあ一応なんとなーく行きたい大学というのは考えていたけど,近くてなじみがあるからという理由で偏差値67の国公立大学。まあいわゆる世間知らず。

 まあでも謎に負けず嫌い根性が働いて,数学と英語だけは学校のアドバンスドクラスにはいました。

ちなみにこのころの模試は

英語 5割

国語 6割

数学1A 3割

  2B 3割

理科基礎 4割

地理 4割

公民 7割(←まぐれ)

でした。バカ。

4月 ようやく受験に向き合い始める

 恋人に3月の模試の結果を報告したところ,若干引いた声で「ま,まあまだ始まったばかりだからね…笑」と言われたり,周りが勉強しだしたり,予備校に行ったら本気で心配され始めたりしたのでついに心を決めて勉強をしはじめました。4月1日から。

 それにあたってわりと本気で志望校を考えました。恋人の影響もあって,天文が好きになっていたから,天文を学びたいと思った。けど高2の時に数学が苦手という理由で文系を選んでしまったがために,文系でも天文ができるのが家の近くでは2校しかなくて,その結果志望校として選んだのは今までと変わらず,偏差値67の国公立大学。泣く泣くといった形だったけれど,以前とは違ってかなり本気で,浪人してもいいと思ってた。

 スイッチが入った私は強くて,10時~22時の12時間勉強を自分に課し,うち1hずつ英単語・英熟語・理科基礎・社会,2h数学チャート,4h授業を毎日こなしていました。それでもドロスはあきらめきれずに,朝起きてからと夜寝る前の30分はドロスのライブDVDを見てた。

 一度勉強をし始めると感覚が狂うのか,辛いとか大変という感覚も全く無くて,むしろ少しずつタスクをこなしたり,新しいことを知るのが楽しくてハマっていきました。

 けど,勉強してすぐ結果がでないというのは本当で,模試は確かこんな感じ(うろ覚え)

英語 6割

国語 7割

数学1A 5割

  2B 4割

理科基礎 6割

地理 4割

公民 6割

 

5月~6月 学校が始まり,勉強してない人にイライラしはじめる

 ここから少しずつ私のプライドが形成され始める。クラスでわいわい騒いでいる人とか,授業でずっと寝ている人に負けたくないという一心で勉強に励んだ。勉強していない人に私立大学志望や,推薦入試,指定校推薦志望が多かったから,心のどこかで嫌いになってしまっていた。みんなごめん。

 この辺でようやく4月の勉強が実を結び始め,

英語 7割

国語 8割

数学1A 6割

  2B 5割

理科基礎 7割

地理 5割

公民 7割

 

7月 志望大学へのAO入試が行われ,志望大学への合格者が現れる。闇の始まり

 これが本当につらかった。私立大学だったらもっと顕著だから私立大学志望の人は気を付けた方がいいと思うんだけど,志望大学に合格した人がいると想像以上に精神的にきつくなってくる。今でも若干引きずっているレベル。ここから私の闇が始まる。

 推薦入試で合格した人たちを片っ端からけなし続けた。正直,妬みだってことは私が一番分かっていたんだけど,それでもなんとなく嫌な気持ちにならずにはいられなかった。私が一番行きたい大学に,勉強もせず,改ざんした実験結果で提出し,合格するなんて…分かってる,分かっていたんだけど。

 学校の勉強にもそれが影響して集中力が削られた。純粋に勉強してた時は楽しかったし,夢にあふれていたんだけど,「こんなに勉強しなくても合格できた奴がいるんだな…」と思うと,気が散った。

 こんないろんなイライラの矛先は恋人に向いた。不幸中の幸いで,イライラが恋人への悪口となったことはなかったんだけど,上記したことをそのまま恋人に愚痴として吐いた。恋人に「そんなこと言ってたら嫌われるよ。いおのよくないところだよ」と言われても,イライラが止まらなくて言い続けた。それに加えて,恋人との遠距離生活にも寂しさが募り,時間を問わずに「寂しい」だの「かまって」だの言ってた。今考えると相当うざい彼女だった。

 模試の結果も成長が止まって,前回とほぼ変わらない結果に。その結果のイライラも全部恋人に向けていた。いや,最低やな私。それでも恋人は「まだまだ時間はあるよ!」とか言ってくれた。人間ができすぎ。

 

8月 気が狂っていた夏

 それでも(たぶん恋人のおかげで)なんだかんだ鬱になることはなく,夏を迎えた。夏前半は8時~22時の14時間勉強をこなし,センター過去問へ手を出し始めた。しっかりと健康にも気を遣っていたけど,中盤ぐらいからだんだんと夏の最後の模試への焦りが生まれ,8時~24時の実質15時間勉強をはじめ,食後に眠たくなるのが嫌という理由で昼食と夕食を抜き,夜が遅くなってしまったため息抜きのドロスもお預けになった。寝ている間も熟睡できずにずっと計算している夢を見たり,受験に失敗する夢を見ていた。

 このおかしな生活のせいで体重は8kg減(あたりをふらふらしていた),精神的にも追い込まれていて,もはや鬱に近かった。

 その努力もあってか少しずつ模試の結果も改善されはじめ,

英語 8割

国語 9割

数学1A 5割

  2B 5割

理科基礎 8割

地理 6割

公民 7割

となっていたけど,当時の私には自分自身を認めることができず,イライラしてた。先月から引き続き,このイライラは恋人へ向けられることとなり,恋人が「大丈夫だよ!これからだよ!」と励ましてくれたのに「なんでそんなこと言えるの!賢いあなたには分からないでしょ私の気持ちなんて!」と言い捨てる始末(恋人は日本の最高学府で勉学に励んでいる)。本当は感謝してたし,頼ってたんだけどね。

 

9月~10月 恋人に別れを告げられ,勉強が手につかなくなる。

 いやまあ当然の結果。今から考えると当然の結果なんだけど,軽く鬱になっていた私をさらに落ち込ませるには十分すぎて,勉強をしていても上の空。半ば自殺を試みていた。というかそもそも志望大学のきっかけが恋人であったため,志望大学を考え直すことになり,頑張る意味を見失った。

 でも確かにひどいことを言っていたし,私が恋人なら別れたいと思っていたと思う。というか逆によくここまで続いたな。やはり人間ができすぎている恋人である。

 そして話し合いの結果,押し出し勝利で別れないことになり,なんとか破局の危機は免れることができた。でも,ずっと頭の隅には恋人がいて,また嫌われたらどうしようと思って安心することができない日々。LINEが気になってしまったり,別れたらその弊害はもっと大きかっただろうなと思うけど,別れなくてもかなり精神的に参ってしまっていた。

 それでも私はなんとなく気持ちのあてがなくなり,虚無感に襲われた私はドロスに「好き」という気持ちの全てをささげることにした。ここでこのアカウントの開設。毎日ドロスに身を捧げるようになった。

 ドロスに身を捧げ,恋人を忘れるようにすることで勉強も少しずつ本調子に。まあ,夏ほどではなかったけど。勉強は少しずつセンター対策から2次対策へ。2次はいつまでたっても良くはならなかったけど,できていなくても今までやってなかったんだからしょうがないと気持ちの整理をつけながらやることができた。

 そしてもさことの出会い。今となってはもさこは本気(マジ)で一生心友でBFF(ベストフレンズフォーエバー)で夜露死苦(ヨロシク)といったところだけど,ここまでは実はそこまで話す仲でもなかったんだけど,ドロスに身を捧げる私を見て同じ沼の住人だと思ってくれたらしく,仲良くなりました。こんなこと普段は言わないけどもさこに支えられたってところもあるよ,本当に感謝してる,ありがとうもさこ/////

 

11月 自分の人生について再考。推薦入試に出願することを決める。

 恋人から別れを告げられたことがきっかけとなって,志望学部とその先について再考した。

 天文の研究がしたくてその大学への進学を目指していたけど,よく考えてみると,天文をしているだけでは生活することができないという考えに至った(全然天文学をけなしている訳ではないし,むしろ今でも興味のある分野だし学びたいと思ってる)。自分の意思で考えたつもりだけど,もしかしたら心のどこかで恋人のことを意識している部分もあったのかもしれないな。笑

 そしてその代わりに,コンサルやメガバンクへの就職が見込める経済学部(偏差値67)へと変更(でも大学は変えなかった)。そして,その学部の推薦入試への出願を決めた。いや,推薦嫌いやったんちゃうんかーいという感じだけど。けどそれでも,私大の併願可能な推薦には期限が過ぎてしまって出願することができなかった。その当時はもう少しでも早く考え直していたら出願ができたな,とか,プライドが邪魔をしなければとか思った。

 

12月~センター一週間前まで センター対策を始める。明るく勉強に励む。

 このあたりになってようやく恋人に振られそうになったのもふっきれて,センター対策を頑張り始めました。ひたすらセンター過去問や模試を解き続けた。

英語 8.5割

国語 9割

数学1A 8割

  2B 7割

理科基礎 9割

地理 7割

公民 7割

ぐらいで安定していたと思う。

 

センター一週間前~センター前日 焦り始める

 それでも直前になると焦ってくるもので,公民をアホかというほどやった。公民は9割取りたかったから…。逆に他の科目にはセンターパック以外手をつけることができなかった。(これが大きな間違いだった)

 

 

 

ごめんなさい

というところまで書いたけど,ちょっと長くなって疲れてきたのでここまででいったん休憩。

センター試験の結果はどうだったのか!更新を待て!!

 

 

…書くと決めたは良いけど,長すぎて。分かってたことやけど,いやあ,しんど。

 

ドロス岡山のライブレポで墓が大量建設!”顔ファン””にわか”について思うこと

ドロス岡山のライブレポートについて未だに言っちゃう,もうそろそろ今日のライブが始まっちゃうかもしれないけど言っちゃう

 

いやほんと

 

なんでもやっちゃうね!?!!?

さすがロックバンド

アツい

いやでもこれであれほどツイッターが荒れるってことは結婚したら暴動でも起こるの?って不安になった笑

っていうか,だってあんまり嫉妬とかしないと思っていた私でもちょっと「イイナ」とか思っちゃったもんね

ていうかツイッターでつぶやいてないけど友人にはかなりなラインしたしね。笑

はあ,でも私としてはそういうことしちゃうところが好きっていうか,壁を乗り越えてくるそんなところが好きなんですけどね

 

 

 

ところで,最近ちょっと思っていること。

※今後の「」の部分は特定の人を指してはいない

 

顔ファンほんとないわー。」

「にわか以外はフォロバします笑」

 

みたいなところにちょっと私はどうなのと思うわけ

そういうの最近多くない?特に,Mステとか出るとき絶対誰か

「うわーこれで顔ファン増える!これでまたアレクサンドロスって読むやつ増えるわー笑 にわかいい加減にしてよね,処す笑」

みたいなこと言ってない?

言ってるよね

「いや,僕/私の事かも…イオ怒ってるのかな…」

とか思ったFF内のそこの君,たぶん君のことではないね,そういうこと言ってたらフォロー外してるはずだから,だから君のことではないと思ってください

いや私としては顔ファンでもにわかでも別にいいっていうかそれでドロスにお金入ればなんでもよくない?と私は思っちゃう

 

特に顔ファンについては,(ここで顔ファンは顔,というか見た目が好きでアイドルのように扱う人)

どこかで洋平さんが言ってたと思うんやけど,音楽だけを見てほしいんだったら音楽家になってたって話,それ本当に完全に同意できる。はげど

たしかめざましテレビでサトヤスが言ってたそういうのが機会になって音楽を聴いてくれたらいいみたいなね。that's right

だから顔ファンとかで嫌いだわーとか言うの,特にドロスではおかしくない?とか思っちゃう

まあ確かに顔ファンが高まって

洋平「君のことしか見えない…」

「ンッ…やめて!こんなところで,誰か来たらどうするの…?」

洋平「そんなの,見せつけてやればいい」

「だめだよ洋平…///」

みたいなのはちょっとやりすぎだとは思うけどね 

 

また,にわかについても(ここで”にわか”はドロスを知ってすぐの人)

ファンはみんな最初はにわかだったと思うし,

もしその「にわか嫌だわー」でにわか,もとい新しいファンがいなくなっちゃったらドロスは今後もっと大きくなれなくない?と思う

アレクサンドロスと読み間違える事件についても,

まあ,なんていうか,「めっちゃファンです!私以外のファンは認めない!フォローしないで!!」みたいな人がアレクサンドロスって言ってたら

「はあ…笑」

とは思っちゃうかもしれないけど,新しいファンや,別にファンでもない人がアレクサンドロスって呼ぶことに対してわざわざツイッターでさらして,怒る必要なくない?

と,思っちゃう

そういっている君たちはINGNIをイングニと読まなかったの?OIOIをオイオイと読まなかったの?

 

うん

 

思っちゃいすぎてこんなに書いてしまった

正直言うと毎日こういう話どこかで見てる気がして。

いいねとかリツイートとかで回ってくるし…

まあ

そういうこと

 

まあこういうこと書くとだいたい言葉の穴をつかれて

顔ファンの定義ってなに」みたいな

「私のこと書いてるでしょ最低!」みたいな,オイオイ卒論ゼミの担当教員かよみたいな人出てくる思ったからうざいくらい詳しく書いたけど

うん…

まあ確かに私も顔ファンあんまり好きではなかったけどね。洋平さんとかサトヤスのそれを見て気持ちがまとまったというかなんというか…だから,気持ちもわからんでもないけどもね。